若いうちに加入すると得な理由を知る

生命保険に加入するのは若いうちがいいといわれます。その言葉につられて入社早々に契約をしてしまう新入社員もいます。果たしてその言葉に間違いはないかです。ある意味間違いではないと言えます。まず、若いと年齢が低いです。保険は年齢によって保険料が決められているので、若ければ若いほど低い保険料が適用されます。終身保険は加入した時の保険料がずっと続くので、安い負担で入り続けることができまs。その他病歴などで引っかかりにくいことが挙げられまs。20歳前半、30歳、40歳で健康診断の結果を比べてみましょう。20代前半だと病気の人は少ないですし、血圧や血液、尿などに異常が出る人はあまりいません。しかし30代になると少しずつ異常値の人が出てきます。40代以降は健康異常が出やすく、保険料も割高になります。

掛け捨ての定期が得か終身が得か

生命保険に加入するとき、悩む点として定期に入るか終身に入るかがあります。その他に養老もありますが、今はあまり魅力がないとして選ぶ人が少なくなっています。どちらが得かでは、加入者によって異なるでしょう。掛け捨てが嫌な人なら終身の方が得に感じるでしょう。解約返戻金が受けられるまで加入し続ければ、払い込んだ金額以上の解約返戻金は受けられます。毎月の保険料をできるだけ抑えたいなら定期保険の方が得になります。終身保険との差額を自分で運用すれば、終身保険の解約返戻金よりも資産を多くできるかもしれません。ある人に対して、どちらが得かはなかなか言いづらいですが、一般的には定期保険に入る方が良いとされています。できるだけ保険料が安くなるタイプを見つけられれば、よりお得に入ることができます。

入り方によって保険料が割引される

全く同じ生命保険に入るのに、毎月の負担額が異なるとなればできるだけ負担が少ない入り方をしたいと考えるでしょう。大手の生保会社であれば、団体割引が適用される場合があります。生保会社と団体割引の契約をしている会社に勤めている時、会社経由で契約をすると給料から天引きをして毎月の支払いをします。その時に通常の保険料よりも安くしてくれます。数百円程度ですが、それが何十年も続けばかなりの差になってきます。同じように入るのであれば、会社を通した方がいいでしょう。ネットから入る時には、いろいろな割引制度を利用すると良いでしょう。証書を発行しないタイプを選ぶと、割引が植えられる商品があります。証書がないと困るように感じますが、証書に変わる書類はネットから簡単に取ることができます。

生保・損保ともに30社以上の生命保険・医療保険・がん保険・学資保険・自動車保険・火災保険など豊富な商品を取り揃えています。 保険の見直しや新規加入などの相談も何度来店いただいても無料です。 東京都は新宿や池袋、神奈川県は川崎などの店舗は土日祝日も営業している店舗もございます。 各社の保険商品に精通した専門家が図やグラフなどを使って、保険の基本から丁寧に説明を行います。 生命保険のことならみつばちほけんをご利用ください