生命保険の加入の条件はどうなっているか

年齢によって加入できるかどうかが決まる

生命保険は、相互扶助の元で運営されています。加入者から保険料が集められ、数少ない対象者に対して保険金が受けられるようになっています。この時、加入者は平等の立場でないといけません。つまりは、将来的に亡くなる可能性が著しく高い人を安易に加入させることはできません。もし加入させるとしても、一般の人とは条件を変える必要があります。加入の条件を決める要因としてあるのが年齢になります。人は平均寿命があり、それぞれの年齢で平均余命があります。何歳の人は何年生きる可能性があるかが統計的に分かるようになっています。新たに加入する人の制限としては、60歳から70歳ぐらいに設定している商品が多くなっています。それ以上の年齢になると、新規に加入することはできません。定期保険では更新の年齢に制限が設けられているものがあります。80歳や90歳以上だと更新ができないため、入りたくても継続することができません。

現在一定の病気にかかっている人は難しい

病気にはいろいろな種類があり、風邪など誰でもかかるような病気もあれば、入院や手術が必要な病気であったり、死亡率が高いとされる病気もあります。生活習慣病と呼ばれる病気などは、すぐに亡くならないとしても同年代の健康的な人に比べると死亡率が高くなるデータがあります。生命保険において入りにくくなる人としては、現在一定の病気になっている人が挙げられます。加入をするときには告知があります。何らかの病気で治療をしているのであれば、それを伝えなければいけません。その他に健康診査がありますが、健康診査はそれほど詳しい病状を調べるものではありません。告知が非常に重要になってきます。保険商品によって、どの病気だと加入するのが難しく、どの病気であれば加入ができるなどが記されています。加入時に確認しておく必要があります。

かつて病気ですでに完治をしている人

病気になると病院などで治療をします。治療方法はどんどん進歩していて、かつてはなかなか治らないとされていた病気も治療できるときがあります。では治療をすれば二度とその病気にならないかですが、病気によっては再発しやすいものがあるとされています。遺伝的になりやすい人もいるでしょうし、生活習慣が改善できずに再度同じ病気になってしまう人がいます。生命保険への加入が難しい人としては、かつて病気にかかっていて現在は完治している人が挙げられます。商品ごとに、一度その病気になると入ることができないリストがあるので、確認をしましょう。最近は、条件が緩和される商品が出てきています。完治をしてから一定年数経過しているなら、加入できる商品などがあります。この商品であれば、病歴があったとしても加入できる可能性が高まります。