お得に生命保険に加入する方法を知る

必要な保障額ギリギリの保険に加入する

外交員などに生命保険の見積もりを依頼することがあるでしょう。年齢や家族構成などを伝えると次の日には作成してきてくれます。その時には何となく必要そうな金額が設定されています。そのためにそのままその金額で入ってしまう人がいます。外交員は、年齢や家族構成、その他の情報から統計的な予測で保障金額を見積もっています。必ずしもその人にぴったりの保障額を算定しているわけではありません。多すぎたり少なすぎたりがあります。お得に入るのであれば、いかに必要保障額ギリギリにするかを考える必要があります。そのためには、まずは自分の情報を調べ直します。今の年収であったり、遺族年金でいくらもらえるか、退職金でいくらもらえるかなどです。その差額だけを保障額として設定すれば足ります。

退職金などまとまったお金で払い済みにする

終身の生命保険は、基本的には一生払い込む必要があります。仕事をしているときはそれほど負担額は気になりませんが、年金生活においては数千円でもそれなりに負担になります。かといって解約をするとせっかくの給付が受けられなくなります。そのためになかなか解約できない人もいます。お得に加入する方法として、できるだけ早くに払い済みにしてしまう方法があります。すべての保険でできるわけではないですが、一定額をいつまでに払い込めばそれ以降の保険料の払い込みがなくせる商品があります。退職金などで一定のお金がまとまって入るのであれば、その時に払い済みにしてしまえばそれ以降毎月の支払いを無くすことができます。どうしてもお金が必要になったときには解約返戻金を受ければいいでしょう。多少利息が付きます。

健康体なら割引してもらえる商品を利用

生命保険では、通常は一般の人と一般の人よりも不健康な人とで区別をしています。一般の人は通常の保険料になります。一般の人より不健康な人は、通常の保険料より割増しになります。あまり健康状態が悪いと加入さえで着ないこともあります。この商品の場合、健康自慢の人が入ろうとしても一般の人と同様になります。商品によっては、健康体なら一般の人よりも割引してくれる仕組みが用意されています。よくあるのが非喫煙者が受けられる割引です。体内におけるニコチンの度合いを検査すると、タバコを吸っている人かそうでない人かがわかります。タバコを吸っていない人は健康体なので、その他の人よりも病気になりにくいつまりは亡くなりにくいと判断されます。一般の人よりも保険料の割引を受けることができ、お得に加入ができます。